渋沢栄一とは?簡単に人物を調べてみた。実業家、性癖、韓国紙幣など

渋沢栄一

こんにちは、管理人です。

2019年4月9日に麻生太郎副総理(財務相)が財務省の会見で

一万円、五千円、千円の新紙幣変更について発表し、

紙幣のデザイン、描かれる人物が刷新されることが判明しました。

新紙幣は2024年に刷新される予定です。

気になる人物ですが、一万円は渋沢栄一、五千円は津田梅子、千円は北里柴三郎が採用されました。

新紙幣の見本はこちら。


今回は一万円札に描かれることになった渋沢栄一について調べていきます。

 

 

 

渋沢栄一のプロフィール

氏名:渋沢栄一(しぶさわえいいち)

出身地:武蔵国榛沢郡血洗島村(現埼玉県深谷市血洗島)

生年月日:1840年3月16日

死没:1931年11月11日(満91歳没)

 

新一万円札の肖像が「渋沢栄一」と発表され、世間では、「だれ?」という声が多く上がりました。

しかし、渋沢栄一は『日本の資本主義の父』と称される物凄い実業家なのです。

近代日本の礎を作り上げた最大の功労者であり、名だたる企業の設立に関わってきました。

 

 

渋沢栄一の功績

渋沢栄一が実業家として関わってきた企業の総数はなんと「約500社」です。

そんな中で一部の有名企業や団体をご紹介します。

  • 第一国立銀行(みずほ銀行)
  • 日本郵船
  • 王子製紙
  • キリンビール
  • 東洋紡
  • 清水建設
  • 一橋大学
  • 東京ガス
  • 東京海上日動
  • 東京証券取引所
  • 損保ジャパン日本興亜
  • 三井物産
  • 新日鐵住金

 

ヤバくないですか?

 

というかどうやってこれほどの数の企業設立に関わってきたのでしょうか・・・

さらには日本で初めてのことを行なっている点が凄いです。

日本で初めての銀行である「第一国立銀行」を設立したのも渋沢栄一、

株式会社を初めて設立したのも渋沢栄一です。

企業だけでなく、公的機関や大学の設立にも携わり社会に貢献しているのが凄いですよね。

今の銀行制度が整っているのも始まりは渋沢栄一のおかげであり、

ガス、電気などインフラ関係に関わる企業に関わっていることから

日本全国民が少なからず渋沢栄一のおかげで生活できている部分があるのです。

 

 

 

渋沢栄一の性癖

このように日本の近代化を支えてきた渋沢栄一は

以前から紙幣の肖像の候補やノーベル賞候補に上がってきましたが、

いずれも最後までは通りませんでした。

その理由は『変な性癖があるから』ではないかと考えられています。

 

 

なぜそのように言われているかというと、以下の通りです。

現在は削除されていますが、wikipediaに記載されていました。

仕事ぶりは真面目であるが、かなりの女好きであったと言われ、実際に妻以外に二人の女性(一人は愛人、もう一人は後に離婚・再婚し後妻になった。)との間に子供が七人(全員で10人)居た事が判明している。

何人もの女を愛していたということが変な性癖であると認識されているようです。

日本国内で妻以外にも女を作り遊んでいるということは昔は相当珍しかったらしく、

女関係が乱れていたことで渋沢栄一は変な性癖があると噂になってしまったのです。

 

そう考えると、女にモテるためにも仕事を一生懸命頑張っていたのかもしれないですね!

 

 

渋沢栄一は韓国紙幣に描かれていた?

新一万円札が渋沢栄一になると発表されたことに対して韓国メディアはバッシングしています。

それは渋沢栄一が韓国紙幣に描かれていた過去があり、

その経緯が韓国にとって許せないものだと考えられているからです。

 

1902年に日本は朝鮮半島を統治していました。

その当時、渋沢栄一が頭取である第一国立銀行は大韓帝国に支店を設立し、

貨幣を発行していたのです。

その貨幣は朝鮮半島内で流通し、

肖像には渋沢栄一が描かれていました。

 

その貨幣は朝鮮半島で流通していたため大韓帝国は1905年に正式な貨幣として

承認するしかなく、近代における韓国初めての紙幣は日本人が描かれたという事態になったのです。

 

この歴史を韓国は屈辱的な歴史であると認識しており、

その歴史を象徴する渋沢栄一が日本の新一万円札に採用されたことで

配慮が欠けていると猛バッシングをしているのです。

 

まとめ

以上、渋沢栄一について簡単に調べてみました。

20年ぶりに変更となる新紙幣、残り5年間は「諭吉」ですが、

5年後からは「栄一」を皆さん大好きになるんでしょうね。

最後までお読みいただきありがとうございました^^では!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください