梅雨入りはいつからいつまで?2019年の梅雨はレインブーツで乗り越えるべし。

こんにちは、管理人です。

2019年6月1週目が終わり、

雨の続く日が多くなりましたね。

雨の日が続くとお出かけに支障が出たり、

体調に変化があったりすると思います。

今回は2019年の梅雨はいつからいつまでなのかを調べていきたいと思います。

 

 

梅雨シーズンの始まり

梅雨とは春から夏に移り変わるタイミングで、

雨や曇りの日が続いていく気象現象の一種です。

雨季とも呼びますが、毎日雨ばっかりで

洗濯物は乾かないし、ジメジメするし、

髪の毛は癖っ毛が出てくるし、面倒なことが多いですよね〜

 

気分も勝手に落ちてきてしまうような。。。

そんな梅雨シーズンが始まりましたが、

梅雨入りから梅雨明けまではどれくらい続くものなのでしょうか。

 

 

梅雨はいつからいつまで

結論から言いますと

梅雨明けがいつになるかの予想はありません!

 

気象庁は梅雨入りも、梅雨明けもいつになるという予想は発表しないのです。

地域ごとに西日本は梅雨入りしました。とか

関東甲信越は梅雨入りしました。とか

梅雨入りも始まってから発表しますし、

梅雨明けも明けてから発表するので、

特に予想公表はしないんですね。

 

それでもどれくらいに梅雨明けするのか知りたいですよね。

そんな時一つ指標とするならば、

例年の具合を見るしかないと思います。

気象庁のHPでは昨年の梅雨入り、梅雨明けの日が

残されていますのでそちらで確認してみましょう。

気象庁のHPはこちら

 

関東甲信越で見ると、

だいたい6月いっぱいくらいは

梅雨が続くと考えていいでしょう。

 

今年の梅雨入りは6月7日で、

昨年は梅雨が6月6日〜6月29日の23日間でしたからね。

 

 

雨の日にはレインブーツを

今時は長靴ではなくて「レインブーツ」という言い方をします。

昔はみんな長靴って言ってましたよね!

今はHUNTERをはじめとしたブランドが

可愛らしいレインブーツを発売しているので

雨の日だからこそのお洒落ができるのです。

買っていたレインブーツの出番がきて楽しんでいる方もいるのでは?

 


定番のハンターからローファータイプ!

 

 


水を完全に弾く素材で作られているように見えますね!

 


水が染み込みそうなスニーカータイプでも

レインブーツがあるんです。

 

 

 

まとめ

以上、梅雨入りから梅雨明けまでについて調べてみました。

雨の日が続いてだるいと思うかもしれませんが、

少しでも気持ちを晴れさせるために

今からでもレインブーツ買いに行くのは遅くないですよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください