大崎会長【吉本興業】の経歴、ダウンタウン、さんまとの関係を調査

大崎洋会長

こんにちは、管理人です。

2019年7月22日時点、世間は吉本興業の闇営業に関する一連の騒動に注目が集まっています。

宮迫博之さん、田村亮さんの会見に続いて、吉本興業の岡本社長が謝罪会見を行いました。

パワハラと受け取られる発言の一部は「場を和ませるため」「冗談のつもり」という回答もあり

吉本芸人や世間からさらに批判の声が高まっていると思います。

今回は岡本社長とともに吉本興業で権力を持っていると言われる大崎洋会長について調べてみたいと思います。

報道ではたびたび名前が出てくる人物ですが、今回の騒動で姿を見せてはおらず、

謝罪会見などをこれから行うのかどうかも注目ですね。

 

 

大崎洋会長のプロフィール

大崎洋会長

・名前:大﨑洋(おおさきひろし)
・生年月日:1953年7月28日
・出身地:大阪府堺市
・出身大学:関西大学
・出身高校:大坂府立泉北高校

・職業:プロデューサー
・役職:吉本興業ホールディングス株式会社会長

大崎洋会長は大学卒業後の1978年に吉本興業に就職しました。

なぜ吉本興業に入社したのかというと「私服OK」の会社だったからだそうです。

しかも、そのときサーファーだったらしく、ゆったりと自由に生きたいというような性格の人だったんですかね。

また、大崎洋会長は現在吉本興業ではカリスマ的な存在感を放っている人物と吉本社員の出版した本で語られています。

 

そして、入社してからNSC開校時にダウンタウンの担当社員になりました。

そこからダウンタウンが一気にスターダムを駆け上がっていきます。

ダウンタウンの東京進出も大崎洋会長の協力を得たものでした。

そのため、ダウンタウンとは昔からの戦友という感じでしょうか。

若いダウンタウンに大崎洋会長は兄貴のように関わり、一緒に成功の道を駆け抜けたんですね。

 

そのため、先日のワイドナショーでダウンタウン松本さんが大崎会長が

吉本をやめるなら自分もやめると言ったように、切っても切れない関係になっているのでしょう。

ダウンタウン松本さんの芸人人生に大きな影響を与えた人物なのは間違い無いでしょう。

また、大崎洋会長は過去にダウンタウンと一緒にテレビ出演もしていました。

岡本社長や藤原副社長など歴代のマネージャーも同じようにテレビ出演していて、

ダウンタウンのマネージャーから吉本興業の上層部に出世しているのです。

 

大崎洋会長の経歴

大崎洋会長が吉本興業に入社してからの経歴は以下の通りです。

1978年 吉本興業株式会社に入社
1980年 吉本興業東京支社へ上司の木村政雄と共に異動
1982年 吉本興業東京支社から大阪の吉本総合芸能学院の担当社員へ異動
2000年 株式会社ファンダンゴの取締役に就任
2001年 吉本興業の取締役、株式会社アール・アンド・シーの取締役に就任
2002年 株式会社有明スタジオの取締役に就任
2006年 吉本興業取締役副社長に就任
2009年 吉本興業代表取締役社長に就任
2019年 吉本興業代表取締役会長に就任

 

1982年に大阪の吉本総合芸能学院の担当社員になったところが

ダウンタウンと出会ったタイミングでしょうか。

そこから18年空いて、吉本興業の子会社である株式会社ファンダンゴの取締役になっていますね。

ダウンタウンを見出して、出世したということがわかると思います。

そのあとはうなぎのぼりに色々な会社の取締役から、社長を経て会長になりました。

 

 

 

 

大崎洋会長とさんまの関係は?

そんな大崎洋会長と明石家さんまとの関係はどうなのでしょうか。

大崎洋会長と明石家さんまとの間のエピソードには島田紳助の引退に関係したものがありました。

明石家さんまは昔から60歳で芸能界引退すると考えていたそうです。

しかし、吉本の稼ぎ頭のさんまに引退されると吉本興業は困るので、

引退はまだしないでくれと引き留められている状態でした。

 

そんな中、島田紳助が暴力団と関係を持っているということが明るみにでて、

芸能界引退した際に、さんまは親友の紳助を復帰させたら代わりに俺を引退させてくれと言ったそうです。

島田紳助の引退も吉本にとって大打撃ですので、大崎洋会長はさんまに相談していて、

その時にさんまから提案があったのでしょうか。

 

そして、さんまは島田紳助が復帰はアリだろうと吹聴して、

世論に島田紳助の復帰は普通にあり得ることだという雰囲気を作ろうとしていたのですが、

結局成功せずに島田紳助が復帰することはありませんでした。

 

また、さんまは「先代の林社長には育ててもらった恩があるが、

現在の社長にはお世話になっていないから好きな時に辞めさせてもらう」と言っています。

このことから大崎洋会長とさんまとの関係はダウンタウンのように深いものではないみたいですね。

 

 

まとめ

以上、大崎洋会長の経歴、ダウンタウン、明石家さんまとの関係性についてでした。

今後大崎洋会長も会見を行い、姿を見せるのかどうか注目してみましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください