錦織圭がチョレイはなぜ?カメラサインでチョレイを書いた理由!

錦織チョレイ

こんにちは、管理人です。

2019年6月3日に全仏オープンで

錦織圭選手(世界ランク7位)ブノワ・ペール(世界ランク38位)

対戦があり、錦織選手は見事勝利しました!

この勝利で2年ぶり3度目のベスト8入りを果たした錦織選手ですが、

対戦終了後にカメラにサインをしました。

その文字がなぜか「チョレイ!!」という言葉。

チョレイといえば、卓球の張本選手ですよね!

今回は錦織選手がなぜチョレイと書いたのか調べてみました。

 

 

錦織圭、激闘を制しベスト8へ


今回の試合はなんと2日にかけて行われました。

実は2019年6月2日の19時34分に開始となった錦織VSペール。

錦織が登場する前の試合が5時間にも及ぶ熱戦となっていたため、

錦織VSペールの試合は遅い時間からの開始となりました。

そして、セットカウント2−1と錦織選手がリードしたところで時間は21時35分に。

太陽は完全に地平線に隠れ、日没のため延期となったのです。

日没サスペンデッドとして6月3日に再び試合は再開することになりました。

 

その後、6月3日に再開した試合は4−3のフルセットで錦織選手が勝利!

ペール選手は地元フランス出身で、超絶アウェーの中、激闘を制した錦織選手はやはりバケモノでした。

 

カメラになぜ「チョレイ」のサイン?

その激闘を制した後に錦織選手はインタビューを受けた後、カメラに寄ってきます。

そこでカメラに自分のサインを書くと思いきや、書いた文字は「チョレイ!!」

 

 

え、なんで???

チョレイは卓球張本選手が点を取った時の叫びですよね。


錦織選手は張本選手と何か約束していたのでしょうか?

 

 

錦織選手がチョレイと書いた理由

世界のファンは特に文字を気にせずに終わったと思いますが、

日本のファンはなんでチョレイ?と気になる人が続出!

 

そんな中、錦織選手がチョレイと書いた理由はおそらくこれだと推測されます。

 

 

テレビ東京が全仏オープンの放送をしていたのですが、

公式HPではシングル第3回戦に張本智和VSジェレの文字が!

錦織選手と張本選手を間違えて記載するという信じられないミス。笑

本当は錦織圭VSジェレですね。

 

錦織選手もこのミスについて知っていて、

自分が張本選手になってしまったので、

チョレイと書いたのではないでしょうか。

そうだとしても激闘が終わった後に

こんなお茶目なことができる錦織選手最高すぎます!

 

まとめ

ということで錦織選手がチョレイとカメラサインをしたのは

テレビ東京が公式HPで錦織選手と張本選手を間違えて

記載してしまったからだと思われます。

ちなみに錦織選手と張本選手の関係性はわかりませんが、

勝負に勝った時にチョレイと書いてあげるほどの関係ではないことはわかります。笑

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください