三宅弘城の父は三宅裕司?『いだてん』ピエール瀧の代役に抜擢!

三宅弘城

こんにちは、管理人です。

ピエール瀧さんがコカイン使用で逮捕され、

大河ドラマ「いだてん」の出演シーンを撮り直しすることが発表されていましたが、

その代役が三宅弘城さんに決定しました!

「足袋の播磨屋」の店主・黒坂辛作役としてこれから撮影を行い

4月28日放送分から登場する予定となっています。

今回は代役に抜擢された三宅弘城さんについて調べていきたいと思います。

 

 

 

三宅弘城のプロフィール

三宅弘城

出典:大人計画

名前:三宅弘城(みやけひろき)

生年月日:1968年1月14日 ( 51歳)

出身地:神奈川県横須賀市

身長:165cm

所属事務所:大人計画

所属劇団:ナイロン100℃

所属グループ:グループ魂(ドラム)

三宅弘城さんは宮藤官九郎さんと同じ事務所「大人計画」に所属している俳優でクドカンファミリーの一員です!

いだてんの脚本を宮藤官九郎さんが手がけているので、

身近なところで代役を務められる人間を探したのでしょうね。

 

 

そして、グループ魂ではドラムを担当しています。

ドラムを叩くときには髪の毛がトゲトゲでパンク野郎になっちゃってます!

 

 

 

三宅弘城の父は三宅裕司?

三宅弘城さんについて調べてみると関連ワードで「三宅裕司」という単語が出てきます。

確かに顔が似ていて、親子?親戚?という疑問が湧いてきますが

2人は親子でも親戚でもなく、血縁関係は全くありませんでした!

 

年齢も三宅裕司さんが67歳、三宅弘城さんが51歳と16歳しか離れていないので、

ほぼありえない話ですね・・・

ただ単に顔が似ていて同じ苗字であったため、親子じゃないのかと話題になったことがあったみたいです。

 

 

 

三宅弘城さんは「みいつけた!」の椅子の応援団長

みやけマン

出典:ameblo

三宅弘城さんはNHKのEテレで放送されている幼児向け番組「みいつけた!」にて

椅子の応援団長の『みやけマン』というキャラで出演しています。

『みやけマン』とは体操のお兄さんのような立ち位置の登場キャラです。

 

番組では歌を歌ったり、バク転や逆立ちを披露したりしてます!

ドラマや映画だけでなく教育番組にも出ていてドラムが叩けて歌えるって多才ですね〜

しかも、この歳でめちゃくちゃ綺麗な逆立ちをしてます。笑

このように運動神経も抜群で、筋肉ムキムキの三宅弘城さんですが

なんと1996年にはボクシングのプロ試験にも合格しています。

超人じゃないですか・・・

三宅弘城さんの代表作は?

三宅弘城さんはこれまで以下の映画・ドラマ作品に出演してきました。

木更津キャッツアイ

海猿

救命病棟24時

相棒

リーガルハイ

少年メリケンサック

電車男

怪物くん

踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!

etc

 

数々の作品に出演され、脇役として活躍されてきた名バイプレイヤーの三宅弘城さんですが、

特に評判が良かったのは2015年9月から2016年6月まで放送されていた朝ドラ「あさが来た」の亀助役です。

「あさが来た」では表情豊かな芝居で主人公あさと動くシーンも多く重要な役柄であったため、

皆さん三宅弘城さんに対して亀助役の印象が強いみたいです!

 


 

 

まとめ

以上、三宅弘城さんについて調べてみましたが、

劇団・ドラマ・音楽活動を中心に才能を発揮して活躍している実力派俳優であるとわかりました。

代役決定してから多くの期待が寄せられていて

ピエール瀧とどのような違いを見せてくれるのか楽しみですね。

4月28日放送分まで期待しながら待ちましょう。

最後までお読みいただきありがとうございます^^では!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください