池江璃花子さんが白血病と診断される。白血病とはどのような病気?

プール

本日、2019年2月12日に競泳女子の池江璃花子選手が白血病と診断されたことを公表しました。

池江璃花子選手といえば、今、女子競泳界で最も勢いのある選手です。そして、まだまだ若い彼女が白血病と診断されたというのは衝撃ですよね。

白血病と聞くと、思い病気というイメージがあるかと思いますが、実際に白血病はどのような病気であるのか。

そして、今まで白血病を克服してきた方達について調べてみました。

 

 

池江璃花子選手の現在の状態

池江璃花子選手はツイッター上で白血病と診断されたことを公表しました。

池江璃花子選手はオーストラリアで2019年1月18日から合宿を行なっていたようですが、その間に体調不良を訴え、緊急帰国しました。

その後、日本で検査後に白血病ということがわかったようです。

幸いにも早期発見であり、通常の生活をしている状態では発見できなかったかもしれないようです。スポーツマンであるからこそ、激しいトレーニングの中で微細なコンディションの違いに気づけたということですね。

白血病について、近年では治療法が急速に進歩しており、若い世代の7割以上が回復しているということですので、無事に池江璃花子選手が回復することを祈りましょう。

 

白血病はどのような病気か

そもそも白血病についてはっきりとした知識がなかったため、白血病とはどのような病気なのかを調べてみました。

実は白血病とは血液のがんのことでした。

赤血球、血小板、白血球とある血液細胞が骨髄で生成される際にがんになってしまう病気です。そのがん化した血液細胞が骨髄内を占拠していき、貧血や免疫系の働きの邪魔をしたりするのです。

初期症状としては出血傾向が出て赤い斑点が出たり、貧血になりやすくなったりということがあります。

 

「急性白血病」と「慢性白血病」

白血病には大きく分けると「急性白血病」と「慢性白血病」があります。

急性白血病であれば、血液細胞への異常が早いスピードで起きていき貧血や発熱が起きてきます。

慢性白血病であれば、ゆっくりと血液細胞への異常が起きていくため初期段階では症状はほぼ起きないようです。

池江璃花子さんは白血病としか公表していないので、まだどちらになるかわかりませんが、それはこれからの精密検査の後にわかっていくものだと思われます。

 

 

数々の著名人からエール

この発表を受けて、数々の著名人からエールが送られています。

自身も白血病になりながら、復帰を果たしたサッカーの早川史哉選手です。
実際に復帰を果たしている方もいるので、池江璃花子選手の復帰も信じましょう!

こちらも白血病の体験者の渡辺謙さんです。
前を向いてとエールを送りました。

相方を白血病で亡くしたカンニング竹山さんです。
力強いコメントを送っています。

 

これから休養に入り、東京オリンピックは断念せざるを得ないという状況になりましたが、

それでも18歳ですからまだまだ次のオリンピックが待っています。

池江璃花子さんが復帰してまた競泳で活躍してくれることを祈りましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください