【東大阪市新町】逃走犯、大植良太郎の顔画像、情報をまとめてみた。

東大阪市新町

こんにちは、管理人です。

2019年11月9日(土)の午前4時頃に東大阪市新町で

覚せい剤使用、大麻所持などの容疑で罪に問われている

大植良太郎被告(42)が護送中の警察車から逃走しました。

府警河内署から枚岡署へ護送されている途中だったようです。

11月10日の12時現在、未だ逃走犯は確保されていないようですので、

逃走した大植良太郎被告の顔画像、事件内容を確認していきたいと思います。

 

 

東大阪市新町で大植良太郎被告が逃走!

9日午前4時ごろ東大阪市新町の交差点で、

大阪地方検察庁の事務官3人が車で護送していた大植良太郎被告(42)に車のドアを開けられ逃走されました。

大植被告はことし4月に覚醒剤の使用などで逮捕・起訴されたあと保釈されていましたが、

その後、3回にわたって裁判に出廷せず、保釈が取り消されて検察が収容する手続きを進めていたということです。

大植被告は車内で手錠と腰縄をつけられていましたが「手錠がきつい」と訴えたため、

事務官が左手の手錠を外したところ、突然、暴れ出したということです。

事務官は3人がかりで制止しようとしましたが振り切られ、大植被告は右手首に手錠、腰に縄がついたままの状態ではだしで東の方向に走って逃げたということです。

もみ合いになった際、事務官2人が軽いけがをしました。

大植被告は身長が1メートル70センチくらい、やせ型で丸刈り、紺色の長袖シャツに迷彩柄のズボンをはいていて、現金などの所持品はないということで、検察と警察が行方を捜しています。

大阪地検では先月30日にも収容予定だった被告の女に逃走される事件が起きたばかりです。

出典:NHK NEWS WEB

 

大植良太郎被告の顔画像はこちら!

大植良太郎

こちらが覚せい剤使用、大麻所持の容疑で逮捕されていた大植良太郎被告です。

身長が1メートル70センチくらい、やせ型で丸刈り、紺色の長袖シャツに迷彩柄のズボンをはいているとのこと。

丸刈りと報道されていますので、この写真の髪型からは変わっていそうですね。

丸刈りであるということを頭に入れて注意する必要がありそうです!

 

逃走された理由ですが、手錠を片方取ってしまい、暴れられたと・・・

そのため片手には手錠をしたまま逃走している可能性が高いです。

また、事務官は3人いたという情報ですが、車では被告を挟んでいないのかと思いますが、護送車は3列目まである車でした。

女性事務官が車を運転しており、2列目に一人の男性事務官、3列目に一人の男性事務官と大植被告という並びだった模様。

3列目から暴れだして2列目にあるドアから逃走したということがわかっています。

二人で抑えつければドアを開けられて逃走されることはなさそうですが、相当暴れ狂ったのでしょうね。

最近大阪では犯人に逃走される失態が多いので世間からは厳しい声が出ています。

大植良太郎被告が逃走開始した場所は?

大植良太郎被告が車から降りて逃走した場所は東大阪市新町の交差点です。

 



こちらの交差点で止まった車から裸足で走って逃げていったことがわかっています。

大植良太郎被告は岸和田に住んでいます。

もし、その方向へ進んで行くとすれば、八尾市、堺市、泉大津市などを経由してたどり着くことになると思います。

薬物を使用していて、裁判に3回とも出廷していないということで

異常行動に走る可能性もありますので十分注意が必要ですね・・・

 

 

ツイッター上での目撃情報は?

11月10日12時の時点では有力な目撃情報と思われるものは見つかりませんでした。

ツイッター上では大阪府民から不安の声が多く上がっています。

 

 

まとめ

以上、東大阪市新町で発生した逃走事件について調べてみました。

今後、追加情報がありましたら掲載したいと思います。

【11/12追記】

11/11の午後2時頃に大植被告は大阪市内で見つかり、身柄を確保されました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください