福岡堅樹【ラグビー】は医学部進学、引退を決めている?実家の影響も

こんにちは、管理人です。

皆さん、ラグビー日本代表の福岡堅樹(ふくおかけんき)選手をご存知でしょうか?

2015年にラグビーワールドカップで南アフリカに劇的勝利を果たした

日本代表の中で”スピードスター”として活躍した選手です。

今回はその福岡堅樹選手について調べていきたいと思います。

 

 

福岡堅樹(ふくおかけんき)のプロフィール

氏名:福岡堅樹(ふくおかけんき)

生年月日:1992年9月7日

出身地:福岡県古賀市

身長:175cm

体重:83km

出身高校:福岡高校

出身大学:筑波大学

所属チーム:パナソニックワイルドナイツ、サンウルブズ

 

福岡堅樹選手はラグビーをやっていた

父親の影響から5歳の時のラグビーをはじめました。

その後、綺麗な芝生の上で走り回ることに

楽しさを感じ、中学、高校とラグビーを続けていきます。

 

高校の時には1年生からレギュラーで、

2年生の時には県選抜に選ばれるなど、既に実力は折り紙つき。

大学は筑波大学へ進学しています。

 

特徴はありえないスピード、爆発力であり、

世界トップクラスのウィングと評されています。

現在はジェイミージョセフヘッドコーチ率いる

ラグビー日本代表のエースとして君臨しています。

 

 

こちらは大学時代の福岡堅樹選手のトライ動画です。

動画の3番目に出てきますので注目!


ボールを前に蹴って追いつくスピードがえぐい!

サッカーでいうと1人スルーパスのような技ですね。

 

所属チームが2つな理由

福岡堅樹選手のプロフィールで

所属チームが「パナソニックワイルドナイツ」「サンウルブズ」

2チームありますよね。

これはなぜかということを説明したいと思います。

 

パナソニックワイルドナイツは

ジャパンラグビートップリーグに加盟するラグビーチームであり、

日本国内のリーグ戦で戦っているチームです。

 

対して、サンウルブズは

スーパーラグビーというラグビーの国際的なリーグ戦に

参加している日本のチームになります。

 

ジャパンラグビートップリーグが1月ごろに終了した後、

2月からサンウルブズとして、スーパーラグビーでの戦いが始まるのです。

このスーパーラグビーは1996年から始まったリーグ戦で、

今まで日本からチームは参加していませんでしたが、

2016年に初めてサンウルブズが日本からの参加チームとして参戦しました。

 

そういう経緯で所属チームが2つになっているのですね。

 

 

福岡堅樹は医学部進学を目指している?

福岡堅樹選手は高校時代、医学部進学を目指して勉強していました。

福岡堅樹選手が医師を目指したのは

高校自体に靭帯損傷の怪我を負い、

膝の手術を担当してくれた医師と出会ったこと

開業医であった祖父の影響を受けて

「医師としてスポーツに関わる道に進みたい」と感じたからだそうです。

 

しかし、現役時代には筑波大学の医学部には合格できず、

一浪するもまた不合格で筑波大学の情報学群へ進みました。

 

そのため、医者の道は諦めたのかと思いませんか?

なんと福岡堅樹選手は医者になることを諦めていません!

ラグビー選手をやりきった後に再び医学部へ入学し、

医師の道を目指そうと考えているのです。

 

こんな文武両道聞いたことありませんね!

インタビューでもはっきりと医師になる夢を諦めていないと発言しています。

僕は、筑波大学の情報学群に入学し、ラグビー部で活躍する道を選びました。しかし、『医師になる夢』をあきらめたわけではありません。まだ先のことになりますが、ラグビーの選手として世界の舞台で活躍した後、もう一度医学部へ入学し直して医学の道を目指したいと考えています」

出典:事業構想ONLINE

 

父が歯科医、祖父が開業医で医者でありながら

ラグビーもしっかり取り組んでいる文武両道家系であることが

同じような道を辿らせる環境となっていたのは間違い無いですね。

 

 

福岡堅樹は引退を決めている

さらに、医学部進学のため

福岡堅樹選手は引退する時期を既に決めています。

 

いつ引退するのか、2019年6月10日放送の報道ステーションで本人が発言していました。


松岡修造さんのインタビューを受けながら答えた

その時期とは「東京オリンピック」です。

東京オリンピックでラグビー選手としての全てを出し切り

引退することに決めているとはっきりと答えていました。

 

何と言っても、ラグビーのプロとしてバリバリ現役で活躍している

今でさえも医学部受験のための勉強を行なっているのです。

本当に信じられないですし、尊敬しちゃいますよね!

「4月以降、ラグビーのプロとして働くようになったら、練習漬けの毎日となるかと思います。しかし、ラグビーと並行して医学部受験の勉強も進めていきたいです」

 

 

まとめ

以上、日本ラグビー界のエース「福岡堅樹」選手について調べてみました。

類い稀ないスピードを持ってラグビー選手として活躍する姿から、

医師を目指すインテリな部分まで持ち合わせた凄まじい人材でした。

2019年9月に日本で開催されるラグビーW杯と

2020年の東京オリンピックでの活躍を期待です!

その後は医者としても医学の道からラグビー界を支える人物になっていくのでしょうね。

最後までお読みいただきありがとうございました。では!

 

田村優田村優【ラグビー】は沖縄の血が入ったハーフ顔イケメンだった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください