あおり運転で大学生を追い回した男が逮捕。動画が証拠となる。

車

こんにちは。管理人です。

最近、全国的に「あおり運転」での逮捕者が多いと感じませんか?

東名高速道路での事件で夫婦が亡くなるという痛ましいこともありました。今回は福岡県であおり運転の逮捕者が出たようです。

2018年10月に福岡県福岡市の大通りで1.5kmにわたり「あおり運転」を繰り返したことで高倉大成容疑者(30歳)が逮捕されました。

なぜこのように人はあおり運転が横行するのでしょうか?今回の記事ではあおり運転に関係することについて調べていきたいと思います。

 

 

あおり運転について

そもそもあおり運転の基準やあおり運転を行なった場合の罰則とはどのようなものかを確認してみます。

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当する。車間距離を極端に詰めるあおり運転は道路交通法違反であり、高速道路での違反の場合は3カ月以下の懲役または5万円以下の罰金、一般道での違反の場合は5万円以下の罰金などの罰則が科される。あおり運転によって交通事故を引き起こし、相手や第三者を死傷させた場合には危険運転致死傷罪が適用され、負傷事故で最長15年以下、死亡事故で最長20年以下の懲役に処される可能性がある。

出典:コトバンク

 

車間距離を極端に詰める」「追い回す」「ハイビーム」「幅寄せ」など明らかに不必要な行動で威嚇する状況ということですね。

普通に運転しづらくなるような嫌がらせ行為がほとんど「あおり運転」と見なされるようです。一般道での違反だと罰則は罰金だけなんですね。

あおり運転は性格的な問題であると思いますので、一度行なってしまった人は5万以下の罰金であればもう一度行なってしまう可能性もあるかと考えられますね。

 

 

 

福岡の事件は動画が決め手

福岡県での事件で逮捕の決め手となったのは、被害にあった大学生がスマホで撮影した動画でした。

荒い運転に、不必要なクラクションの連続。さらには車から降りてきて脅迫するように降りろと窓を叩いてきます。

そこにははっきりと顔が写っていますし、そりゃ逮捕されて当たり前です。

 

 

なぜあおり運転をするのか

車に乗ると性格が変わる人って周りにいませんか?

車の運転はその人の本性を表すと言います。もし、その人が荒い本性を持っていて攻撃性が高ければ、あおり運転を引き出す可能性があります。

本性が現れる理由としては以下のような要因があるようです。

 

  1. 閉鎖空間であるため
  2. ストレスが溜まるため
  3. 車に覆われているため
  4. 危険行為であるため

 

1、閉鎖空間であるため

車の中は閉鎖空間であるためリラックスした状態になります。トイレの中や自分の部屋と同じように、もし車の中で1人であればそれは自分しかいない空間となり本当の自分が現れる可能性が高いのです。

 

2、ストレスが溜まるため

運転時は信号待ちだったり、渋滞など思うように進まない状態に直面しますよね。そこでのイライラがストレスとなり発散するために攻撃性が現れてしまいます。

普段ストレスを溜め込む人の方が閉鎖空間ではストレス発散をしようとする傾向にあるみたいです!

 

3、車に覆われているため

歩いているときに煽ってくる人なんてよっぽどのことがない限りないですよね。それは相手と自分は対面であるからです。

車に乗っている状態ですと車という鎧に覆われていて、相手との距離もあり、ガラス越しに覗かないと顔は見えないので、ある種の匿名性の世界が出来上がっています。

ネット上で口の悪い人が多いように匿名である中では人は本性が現れやすいのですね。

 

4、危険行為であるため

車の運転は常に危険を孕んでいます。その危険状態であるからこそ、人は臨戦状態になっており、過剰に反応してしまうようです。

研究結果でも運転時は血圧が通常時よりも上がることが多いと判明しています。

 

 

ということで車の中は普段の生活とは異なった空間であり、心理状態に変化をもたらしているためちょっとしたイライラがきっかけとなり、「あおり運転」をしてしまうようですね。

 

 

あおり運転への抑止力

運が悪ければあおり運転の被害者になることは大いにあり得ます。

そのためにも抑止力が必要となりますが、やはり効果的なのはドライブレコーダーの装着です。

もしくは、今回の大学生たちのようにスマホで動画を撮って、あおり運転をしてくる人に動画を撮っていることをアピールするのも抑止できるかもしれませんね。

あおり運転をしている人には個人は特定されない、逃げればわからないといった心理が働いていますので、そこをきっちりと捉えていますよということをわからせれば抑止力にはなると思います。

ドライブレコーダーは安いものであれば6,000円程度で買えるみたいです!

悪質なあおり運転の被害者にならないためにも保険として用意しておくのがいいかと思われます!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください