アンドロイド観音が高台寺でお披露目。アンドロイド観音って何?

アンドロイド観音

こんにちは、管理人です。

2019年2月23日に京都市東山区にある高台寺で世界初のアンドロイド観音がお披露目されました。

今回お披露目されたのはアンドロイド観音の「マインダー」です。

観音といえば、千手観音や十一面観音というように様々な○○観音があります。このように全国に様々な観音菩薩がいる中、ついにアンドロイド観音が作り上げられたのです。

今回はこのアンドロイド観音について調べてみました。

 

 

アンドロイド観音「マインダー」

そもそも観音とは

耳にする言葉ではありますが、そもそも観音とは何なのかを調べてみました。

実は観音とは観世音菩薩(かんぜおんぼさつ)の略称です。観世音菩薩とは寺院の中に祀られている観音様のことですね。

観音様は人々の苦しみの声を聞いて救いを差し伸べてくださる慈悲深い仏様のことを言います。

ですので、神社へ参った際に我々は観音様に対してお願い事をしているということです。

 

 

アンドロイド観音の誕生

その観音様をアンドロイド化したのが「マインダー」です。

大阪大学でロボット研究をしている石黒浩教授の研究室と高台寺が協力して製作に当たりました。

このアンドロイド観音は人々に対して有難い説法を説いてくれるのです。

普通、神社に祀られている観音様は置物で喋りませんので、アンドロイド観音「マインダー」が表情もつけながら説いてくれるのは衝撃的映像です!

 

 

女性の優しい声で人間の煩悩について説いているアンドロイド観音様。

仏教に馴染みのない方達にも興味を持ってもらうために開発されたようですが、機械部分がむき出しになっていることも含めてインパクトがあり効果は大きそうですね。

また、これからの時代にAIが発達していくと、人それぞれの悩みに応じて回答をしてくれるアンドロイド観音がどんどん出てくるかもしれませんよね。

 

 

アンドロイド観音の開発費は?

アンドロイド観音は2017年の9月から製作開始したようで、

その開発費はなんと1億円です!

アンドロイド観音は台座を含めて高さ195センチ。重さ約60キロとサイズも大きめであることで相当な費用が掛かってますね。

 

お披露目会ではプロジェクションマッピングを利用して、壮大な演出をしていました。

アンドロイド観音の一般公開は?

アンドロイド観音マインダーは2019年の3月8日〜5月6日まで高台寺にて一般公開すると発表されています。

高台寺には京都の中心地、祇園四条あたりからも近いので京都に寄った際には立ち寄ってみると面白そうですね!

 

最後までお読みいただきありがとうございました^^では!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください